« コメントありがとうございます | トップページ | 参議院の重要性 »

銚子駅前で街宣活動

2月15日、午後5時15分から連合千葉東総・香取地域協議会主催で、連合千葉の鈴木光事務局長が参加されて、銚子駅前で「2012年春季生活闘争」の運動の一環として、銚子駅前で街宣活動があり、黄金名も参加した。

まず、東総・香取地域協議会議長の宮内利明氏が挨拶をし、続いて、鈴木事務局長が、

「現在、我が国では、非正規雇用が30%になり、年収200万円以下の人が1千万人を超えている」

と、演説。

歯切れ良く、見事な出来栄えだった。

ところが、黄金名は、正直言ってあまり集中して聞いてなかった。

なぜなら、次が黄金名の出番だったから、、、、

しかも、事前に言われてなく、現場で急に頼まれたので、ビックリ。

自分の演説を考えるのに頭がいっぱだった。

この場合は、民主党の千葉10区の幹事として、出番が与えられているわけだから、久しぶりに民主党としての挨拶をさせてもらった。

「景気が低迷しているが、その最大の理由は、国民の所得が下がっていることにある。連合の皆様は、働く者として待遇改善などを主張しているが、現在の労働組

合は、その基盤である企業の業績を悪化させるような要求をすることは、ない。あくまで、労使で話し合って、自分たちの要求を実現したいという姿勢だ。

しかし、各企業との交渉だけではできないこともある。それは、政治であり、民主党を応援してくれている。そのおかげで、2009年に政権交代が実現した。

その結果は、国民の期待を裏切っている面は、確かにあると思う。しかし、もし、今も自民党政権だったら、世の中がバラ色だったかと考えれば、そうではないと思う。政権交代の意味は、権力にあぐらをかいていた、議員を落選させ、それまで、政治のしがらみのない新人議員が増えたことにある。

そして、私、鎌倉が2006年から銚子で政治活動を始めて感じることは、地方政治は政党は関係ないこと。

つまり、市立病院の休止や、現在の再開後の運営状況などは、民主党も、共産党も自民党も関係ない。

ひたすら銚子市民の生活が良くなることを願っての政治である」

と、演説させてもらった。

連合千葉の皆様のご厚情に感謝します。

じゃ、

|

« コメントありがとうございます | トップページ | 参議院の重要性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銚子駅前で街宣活動:

« コメントありがとうございます | トップページ | 参議院の重要性 »