« 2012年3月市議会 伊藤隆司議員  | トップページ | 2012年3月議会 総務企画委員会 »

2012年3月市議会 岩井文男議員

岩井議員

再生機構が今年度、しはらった成功報酬の金額と、招聘した医師の数はどれほどか?

青柳対策監

23年度は、途中ですが支払手数料は、1,297万円。医師の数は常勤が1名、非常勤が10名、そしてスポットが20名です。

岩井議員

市民がのぞんでいるのは、「2次救急」ができる市立病院であるが、そのペースでは厳しいのではないか?

野平市長

まだ、2年目ということで見守ってほしい。

黄金名

22年度の支払手数料は2,800万円だったとおもう。

したがって、今年度は22年度より、実績が落ちていることになる。

これは、大問題ではないだろうか

2億5千万円も投資して、2年目のほうが実績が落ちるということに納得がいかない。

1.担当者の能力不足

2.方針の誤り

3.銚子市立病院の評判が、医療業界で良くない

などの原因が考えられる。

それに、一年で常勤医師一名という結果はどうなのだろう?

これが、実態であれば、2次救急の実現は厳しいと言わざるをえない。

明日は、黄金名提出の請願が総務企画委員会で議論される。

出来る限り、早くブログします。

じゃ、

|

« 2012年3月市議会 伊藤隆司議員  | トップページ | 2012年3月議会 総務企画委員会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちなみに退職医師は
常勤4名、非常勤5名 のようです。

投稿: うぃきりーくす | 2012年3月16日 (金) 11時55分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年3月市議会 岩井文男議員:

« 2012年3月市議会 伊藤隆司議員  | トップページ | 2012年3月議会 総務企画委員会 »