« バカ枕さんへ | トップページ | 2012.3.2 市議会傍聴 »

中・高校生からの付き合い

元ビートルズのポール・マッカートニーが、2月に新譜をだした。

"Kisses on the bottom"というタイトルだけど、その中の"My very good friend the milkman"という曲はエリック・クラプトンもカバーしている。

どちらも素晴らしい出来栄えで、黄金名はそれぞれを楽しんでいる。

クラプトンはポールの新作に2曲ほど参加していて、充実した演奏をしているが、ふと、思った。

黄金名がポールの存在、というより、ビートルズを知ったのは小学校の時。クラプトンは高校生の時だ。

すると、両者と黄金名のつきあいは、40数年におよぶことになる。

これって、幸せなことだ。

中・高校生のころ、熱中して聞いていたミュージッシャンが、現在もバリバリの現役で、次から次へと新作を発表するのだから。

これは、欧米の音楽業界の深さを表わしていると思うし、彼らの楽曲と演奏が抜きんでている証拠だろう。

他にもレッド・ツェッペリンのロバート・プラント、ディープ・パープルのリッチー・ブラックモアが活躍中だ。

彼らの音楽を聴いていると、年をとることが、衰えではないことが分かる。

もちろん、体力的に同じってことはない。しかし、それを補う「深さ」がにじみ出ているのだ。

ポールは、現在、70歳、黄金名は60歳。

あこがれのスターが、今も輝いていることは、自分の誇りでもある。

じゃ、

|

« バカ枕さんへ | トップページ | 2012.3.2 市議会傍聴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中・高校生からの付き合い:

« バカ枕さんへ | トップページ | 2012.3.2 市議会傍聴 »