« 2012年3月市議会 総務企画委員会 Ⅲ | トップページ | 市民の認識 再生機構について »

小泉今日子30周年

今年は小泉今日子がデビューして、30周年だ。記念すべき初シングルは「私の16才」だったから、今年で46歳か。

当然のごとく、30周年記念盤としてCD2枚組が企画され、黄金名も入手した。

手に取ってみると、分厚くずしりと重い。

CDというより、一冊の本のようだ。ページをめくると、デビューした時の手記がのっている。そして、30周年を祝う30曲がならんでいるが、一曲ごとにその曲のシングルのジャケット写真があって、ファンを楽しませてくれる。

この30曲は、小泉ファンの著名人によって選ばれ、選者の推薦理由が述べられている。これが、なかなか面白い。

そして、最後に小泉の髪型の変遷が取り上げられていて、興味を引く。最初は松田聖子とおなじ髪型だったんだね。それが、どんどん洗練されていく様は目を引くな。

肝心の曲は、もちろん名曲揃い。

日本のポップスはアイドルが優れている。

サザン・オール・スターズのような自作自演のグループは、音楽性の底の浅さが、丸見えだし、演奏がプロとは言えない。

しかし、アイドル物は一流の作詞作曲家と腕のいいミュージッシャンによって制作されているので、音楽としての質は、とてつもなく高いものが多い。

小泉の代表曲と言えば、もちろん「なんたってアイドル」だろう。

この曲は、舟木一夫の「高校三年生」、南沙織の「17才」とならぶ、自己告発型の名曲の一つだ。

それに、「スターダストメモリー」「Fade Out」なども素晴らしい。

もう一つ、白状すると、小泉は銚子でコンサートをしたことがあるんだ。黄金名はもちろん行ったよ。出来栄えは100点満点だった。それから、2年ほどして中野サンプラザに行ったんだけど、銚子の時のほうがはるかに満足度が高かった。

良く、地方公演は手抜きをするという人もいるけど、そんなことはないと思うな。ポップス・ミュージッシャンって昇りちょうしの時がベストじゃないだろうか。もう乗りに乗ってるって感じだもの。

小泉は30周年のコンサートをするとのこと。

黄金名は、もちろん行くつもりだけど、どなたかご一緒しませんか?

プロフィールからメイルしてくれれば、嬉しいな。

じゃ、明日は休み。次回は水曜日ね。

|

« 2012年3月市議会 総務企画委員会 Ⅲ | トップページ | 市民の認識 再生機構について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小泉今日子30周年:

« 2012年3月市議会 総務企画委員会 Ⅲ | トップページ | 市民の認識 再生機構について »