« 民主党サポーター | トップページ | 世界を動かす100人 »

市議選から1年

昨年の市議会議員選挙から1年が過ぎた。

月並みだけど、「アッと」いう間の1年だった。

なにしろ、選挙後に6月議会があり、そこで給食センターの可否が問われる。

状勢としては可決されそうな流れだった。

そこで、給食センターの見直しを求める活動、そして集会を開いた。

落選直後だったにもかかわらず、その集会には90名以上の参加があり、すごい熱気だった。

残念ながら、給食センターは可決されたが、あの時の市民のご支援は、今でも鮮明だ。

そして、議会終了後に行われる「市民報告会」

「給料の2重どり」

「赤字補填は青天井」

「ガムを噛んでなにが悪い」

今年の1月に行われた集会での、野平発言であり、その影響は大きいと言わざるを得ない。

そして、今年の3月議会に提出した請願が、全会一致で採決と、目まぐるしく情勢は展開している。

新年度が始まり、これから、どんな流れは生じるか、それにどう対応するか、課題は尽きない。

黄金名は、毎日を大切に、

「昨日は帰らず、明日は来たらず」

の格言を胸に行動します。

じゃ、

|

« 民主党サポーター | トップページ | 世界を動かす100人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

C病院の噂

給与の二重取りや業者からのキックバック

市民の税金⇒市の予算⇒指定管理料⇒ウハウハ


いつものようにW部長室で

鹿児島県出身のS院長
岡山県出身のY部長
北海道出身のW部長

「銚子はチョロイ‥」と廊下にも聞こえる笑い声を立てているそうです。特にW部長は「ヒッヒッヒ‥」と


投稿: 八千代モンベル | 2012年4月25日 (水) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市議選から1年:

« 民主党サポーター | トップページ | 世界を動かす100人 »