« 電機メーカーの挑戦 ジャパンタイムズの社説 | トップページ | 給料の2重取り »

小沢切りで消費税?

自民党の石原幹事長が

「消費税に反対している小沢氏を切るなら、消費税関連法案に賛成することも、ありえる」

と、語ったというネットのニュースがあった。

「むだを省き、国民に負担をかけない政治をすると約束して、民主党は政権をいただいた。それを反故にするわけにはいかない」

これが、小沢氏の主張である。

私たち、一般市民からみると、当たり前のことではないか。

それが、どうして永田町では通用しないのか、理解に苦しむ。

前原政調会長も、野田総理と同じ姿勢のようだ。

黄金名は、前原氏の講演を香取市できいたことがある。

「わたりと言って、中央官庁の高級官僚は、数か所の特殊法人を渡り歩き、数億円の退職金を手中にしている。こういうことを廃絶しなければならない」

と、前原氏は具体的に該当する高級役人の個人名を、だしながら語った。

それが、今では消費税増税に賛成しているのだから、政治家としての信念はどうなっているのだろうか?

今にしておもうと、政権奪取した時の代表、つまり、鳩山氏が今でも総理だったら、消費税の話は出なかったのではないだろうか?

なにしろ、鳩山さんは、マニフェストに「増税はしない」と大書きし、自分の顔と一緒にのせていたからな。、

となると、鳩山氏が母親から政治資金を受けていたことを叩き、総理を辞めさせたのも、なにか、「仕掛け」の臭いを感じるのは、黄金名だけだろうか?

話は戻って、正論が永田町では通用しないと、思うが、それは、日本社会のアチコチで見られる。落合氏がドラゴンズから切られたこともそうだし、大相撲では千秋楽で7勝7敗の力士の勝率は8割だそうじゃないか。

そして、銚子市議会。

なぜ、この時期に国民健康保険の値上げをするわけ?

そして、どうして、このことが市議会で可決されるのだろうか?

じゃ、また明日。

|

« 電機メーカーの挑戦 ジャパンタイムズの社説 | トップページ | 給料の2重取り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢切りで消費税?:

« 電機メーカーの挑戦 ジャパンタイムズの社説 | トップページ | 給料の2重取り »