« 新聞記事 | トップページ | 王子様へ »

連合千葉 銚子地区連メーデー

昨日、つまり4月22日に銚子文化会館でメーデーが行われ、黄金名も参加させていただいた。

恥ずかしながら、黄金名も来賓の一人として、祝辞を述べさせてもらったが、いつものことだが、自分の出番があると、他の来賓のスピーチが頭に入らない。

黄金名は民主党の幹事という立場で招待されているので、その視点からの祝辞を述べさせていただ

いた。

「現在、新しい政党や団体が次の衆院選に、新人候補を擁立することが話題になっている。しかし、新人候補者の公募制は民主党が始めた。それまで、閉鎖的だった国政が、これによって国民に開かれたものになった。民主党は文字通り国政選挙のあり方を変えた。そして、私もその公募に合格して、政治の世界にはいり、現在は銚子を拠点に活動している。しかし、志が届かない面もあり、悩んだり迷ったりする時もある。そんな時、連合銚子地区連の皆様の励ましが、支えとなって活動を継続できていることに感謝したい。終わりに連合銚子地区連の発展と、皆様のお幸せをお祈り申し上げ、祝辞と代えさせていた代ます」

と、こんな内容のスピーチ。

連合の皆様の集まりに参加して、いつも感心することは、その運動方針が明確であり、目指す社会の姿が鮮明なことである。

すなわち、「安心・安全・安定した社会」であり、「希望と安心のある社会」である。

そのうえ、企業内の制度要求だけでは、限界があり政治を動かして、初めて理想に近づくことが出来る現実を、直視し、実際に活動している。

黄金名が政治にかかわるようになり、連合の皆様との触れ合いから、学んだことは大きいな。

じゃ。

|

« 新聞記事 | トップページ | 王子様へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連合千葉 銚子地区連メーデー:

« 新聞記事 | トップページ | 王子様へ »