« ある女性との会話 | トップページ | ヘモグロビンA1C その後 »

ある祝賀会で、司会を担当

その祝賀会は、「無敗の剣聖 塚原卜伝」の著者 矢作幸雄氏を囲んでの出版記念会。

7千円会費にもかかわらず、40人近い方が出席くださり、盛況だった。

このブログの読者の皆様はご存じのとおり、野平市長と黄金名は対決関係にある。その黄金名が司会で、野平市長が主賓だから、なにか妙な感じはしたが、定石通り、オーソドックスな紹介をさせてもらった。

野平市長の挨拶は、自分は大学受験に2浪し、入学してからも1年留年している。そして、市長選挙でも一度落選しているが、塚原卜伝は「無敗」という信じられない「偉業」を達成した方だ。

という内容。

もっとも、黄金名は司会なので、次の方の紹介に気が移っていて、あまり記憶に残っていない。

続いて房州洋一教育長。

子どものころ、貸し本で読んだ記憶があるとのこと。

他の祝辞も見事だったが、塚原卜伝の生涯に精通している人はいないようだった。

でも、土方歳三も近藤勇にかくれて、無名に近かったのが、司馬遼太郎の「燃えよ剣」で、有名になり、今では近藤よりファンは多いんじゃないだろうか。

もっとも、土方は、その写真でかなり点数はアップしてるだろうけど。

塚原卜伝も、この著作がきっかけで、人気がでるといいな。

じゃ、

|

« ある女性との会話 | トップページ | ヘモグロビンA1C その後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

茨城では、卜伝の剣道大会やってるよ。
銚子からも出場チームがいたよ。
強いチームでさ。

投稿: 剣術 | 2012年5月29日 (火) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある祝賀会で、司会を担当:

« ある女性との会話 | トップページ | ヘモグロビンA1C その後 »