« 人とのつながりfacebook | トップページ | 品目別消費税 »

反対するなら対案を?

世の中がおかしい、あるいは間違っていると思うことが多々ある。

その一つが、政界で、

「反対するなら対案を出せ」

というものだ。

例えば、町内会で親睦旅行をやろうとして、企画を提案され、ある市民がそこは町内旅行にはふさわしくないとして、反対したとする。

あるいは、もっと身近に友人同士で、食事に行くとして、ある人がA居酒屋を提案したとする。それに、気が進まないばあい、

いずれも、代案がなければ反対できないのだろうか。

核心は給食センターであるが、4月26日の「市民報告会」で、野平市長は黄金名の意見に「対案をだせ」と発言した。

しかし、黄金名にかぎらず、一市民が全ての条件を考慮した対案など、そう簡単に提出できるわけはない。

給食センターの計画の最大の問題点は、そこに働く職員の安全ではないか。

その議論をせずに、代替地の問題に議論を飛躍させるのは、論点のすりかえに他ならないような気がする。

黄金名は、給食センターにかんし、あきらめずに行動していくつもり。

それと、次回は月曜日に。

じゃ、

|

« 人とのつながりfacebook | トップページ | 品目別消費税 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

つい先日の「会話」が大事って発言は一体どこに行ったん?
反対するなら最低限の代替案を提出できるようになれ。
そうでなければ、「会話」なんて成り立たないだろう。
そもそも反対するのは、理由があってのことなんだろ?
なら、それを示して論点を明らかにした方が、示さない時よりもフレキシブルな「会話」に発展し、建設的な展開になる。
そんなこともわからない、悪い意味で古いタイプの政治家だから落ちたんだ。もっと猛省しな。
反対はするが代替案は示さないという無責任っぷりだけは確かに政治家先生と呼ぶにふさわしいが、それで仕事が済むならば、小学生がやっても一緒だぞ。

本気で銚子のことを考えているなら、もっと節度をもった発言をしような。
今日のブログは本当にがっかりした。
じゃ、

投稿: そんな考えじゃ落ちるに決まってる | 2012年5月11日 (金) 02時19分

私は「金さん」を応援している訳ではないが・・・。
「そんな考えじゃ・・・」さんへ。
確か、理由は以前のブログでも書かれていたと思うけど。津波が来た場合に危険な場所だとか・・・。
今回の「対案を出せ」は、金さんへの嫌がらせじゃないかな? これが普通の市民への回答だったら問題だと思うけどね。 一応金さんは議員に立候補した訳だし、市長としては潰したいんじゃないかな。(潰すほどの価値があるかは別として)
実際に対案出したとしても、何がしかの理由をつけて100%反対するのが見え見えだし。 ところで、本当に危険な場所なら、市議会は何やってんのかな?

あと、今回の金さんのブログ、変だよ。
親睦旅行の件、相応しくない場所なら他の人の意見が同じなら単純に反対できると思うけど、食事の件は、気が進まないという理由ならば「対案」出さないとマズイでしょ。

投稿: 銀鎌倉 | 2012年5月11日 (金) 08時56分

黄金岩井加瀬特に宮内があがらないように反対運動をがんばるよ。銚子の恥。罰あたりますように

投稿: 次回が楽しみ | 2012年5月12日 (土) 03時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反対するなら対案を?:

« 人とのつながりfacebook | トップページ | 品目別消費税 »