« 2012.6.19 市議会 三浦眞清議員 | トップページ | 2012.6..19 市議会 笠原幸子議員 »

2012.6.19 市議会 石上充康議員

石上充康議員

長崎市民病院(以下長崎)の視察をし、その内容を学んできた。長崎では特別行政法人に病院をして、運営などの第三者評価をしている。

また、理事長などの報酬も明らかにされている。

たとえば、非常勤の理事は、6万円/月の報酬だそうだ。

しかし、銚子の再生機構の非常勤理事は、50万円/月だ。これは、いくらなんでも非常識なきんがくではないだろうか。

長崎市民病院は、特別行政法人ですので、いろいろな取り決めが細かく指定されてまして、あちらではそれにのっとって、運営をしていると思います。再生機構は医療法人でして、そのような取り決めはありませんので、再生機構が違法なことをしているとか、そういうことはありません。

野平市長

長崎と銚子の病院では、状況がまったく違う。こちらは、一旦つぶした病院を再開するにあたって、お願いして引き受けていただいているわけですから、事情が異なるものを比較するのはいかがでしょうか?

石上充康議員

しかし、50万円と6万円では違いがありすぎる。その報酬を規程する「役員報酬規程」はあるのですか?

ありません。

黄金名

石上充康議員はここで、方向を変えてしまったが、これは大問題だ。なぜなら、野平市長は再生機構の理事を「経営のプロ」と呼んでいる。その方々が、経営でもっとも基本的な報酬規程を定めず、自分たちの給料を、自由に決められ、なんの監査もない運営をしているのだ。

野平市長の監督責任はどこへ行ってしまっているのか?

じゃ、

|

« 2012.6.19 市議会 三浦眞清議員 | トップページ | 2012.6..19 市議会 笠原幸子議員 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012.6.19 市議会 石上充康議員:

« 2012.6.19 市議会 三浦眞清議員 | トップページ | 2012.6..19 市議会 笠原幸子議員 »