« 銚子に生きる | トップページ | コメントありがとうございます。 »

7月27日(金)春日台町ミニ集会

ご覧のとおり、春日台町青年館でミニ集会を開催します。

時間は午後7時から。

ゲスト講師に銚子市議会議員の加瀬庫蔵氏

そして、今回は特別ゲストとして、匝瑳市議会議員の山崎等氏が、参加してくれることになった。

「銚子は大きな企業が数多くあり、自然に恵まれ、豊かな町だ。うらやましい」

と、山崎議員は、黄金名と会うたびに、話している。

黄金名が銚子に暮らしていて、一番イヤなことは、市民が町の悪口を言いすぎることだ。

昨日も、紹介させていただいたように、食材は豊富。気候は快適。まさに住むには最高の場所だと黄金名は考えている。

その辺のところを、山崎議員には語っていただきたい。

そして、加瀬議員には市立病院問題を話していただく予定。

加瀬議員は前市長が市立病院休止を決定したとき、市民の先頭に立って運動を起こした実績がある。

現市長のもとでの、市立病院運営のどこが問題なのか、説明してもらえたらと希望している。

ついでに、黄金名は給食センターと国民健康保険にかんしてお話ししたい。

ぜひ、このブログの読者にもご参加いただければと、思っている。

じゃ、

|

« 銚子に生きる | トップページ | コメントありがとうございます。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

銚子市民がこの町の悪口を言う事は的中している。
問題はその後の行動なのです。
悪口は言うが、行動はしないのです。何もやらない。
議員の悪口は言うが、その議員を目の前にしたら体裁の良い褒め言葉ばかりでその議員に無理に合わせる。腹で思っている事とは全く違う。
銚子をどうしてほしいのか、また協力や手伝いをするなどの行動は一切しないのが銚子市民なのです。
良くこの事を聞くのですが、これを調子特有の銚子市民性というようです。

嶋田市政の時や野平市政の時のように勝手になんでもやってくれる議員が気に入っているようです。
あえて要望はしなくても何でも勝手にやってくれる議員が銚子市民は望んでいるのです。
しかし、要望は言わないので銚子の大半の議員は何をしてよいか全くわかりません。そういう議員には何もしない議員と名前をあげて陰でクレームを言いまくります。
それが銚子市民の特徴でもあります。
ようするに銚子市民は馬鹿だから銚子を東京のように都会にできなければダメな議員というハンコを押すのです。
議員になったら気をつけて下さい。そういう市民性です。

投稿: | 2012年7月13日 (金) 02時58分

銚子市民は自分勝手すぎる。
前回の市長選、ばらばらになったら
てのひらが当選することが予想できなかった?
なんで候補を統一できなかった?
あと情報発信する政治家が少なすぎる。
県議も含めて。一番若いの何してる?

投稿: がんがれ金 | 2012年7月13日 (金) 22時59分

若いのは無理だな。
この町は、年長者が未だに
金と名誉を欲しがっている。

安藤勇が良い例だったろ。
漁協なんかも、そんなのの集まりだしな。

投稿: バカ枕金玉 | 2012年7月14日 (土) 18時06分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月27日(金)春日台町ミニ集会:

« 銚子に生きる | トップページ | コメントありがとうございます。 »