« 報告 春日台町 | トップページ | 女王陛下の007 »

愛宕町子どもみこし

先ほど、最後の後片付が終了し、帰宅した。

28日の準備、その翌日の本番と「子どもみこし」の運営などに参加した。

12_003写真では子どもたちが下を向いているが、これは日差しが強いためだろう。

おそろいの半纏を着込んで、おみこしをかつぐことは、地域の連帯感などを育むのではないだろうか。

このような催しも、すべて、地域住民の善意と行動があってのこと。

12_005右の写真は、休憩所で飲み物の支度をする「お母さん」たちである。

ご覧のとおり、みなさん、センスがよく、お洒落であり、その上、美人度が高く、明るい。

こうした「お世話」などで、黄金名の出る幕はなさそうだ。

それどころか、冷たい飲み物を振る舞っていただき、労をや和らげてくれた。

12_006休憩所lで、飲み物を冷やすタルを利用し、子どもたちが自由にタオルなどを氷水にひたせるようにした。

「冷たーい」と、歓声をあげたり、全員が大喜び。

そこに、何の打算も、計算もない、純粋な笑顔が満開だ。

この子ども達が、将来に希望をもてる社会をつくりたいな、と、ふと思った。

「子ども」 真に社会の宝だと思う。

じゃ、


|

« 報告 春日台町 | トップページ | 女王陛下の007 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕町子どもみこし:

« 報告 春日台町 | トップページ | 女王陛下の007 »