« 民主党 失敗の原因 | トップページ | 逃げるか!野平市長  »

民主党の失敗 Ⅱ

菅直人前総理大臣は、鳩山さん以上の消費税反対派だったそうだ。

「増税は、行政の無駄を排除するまでは、絶対にだめ」

と、菅さんは発言していたそうだ。

では、どこで菅さんは変わったのだろう?

それは、財務大臣に就任し、総理になってからだ。

2010年の参議院選挙のまえに、サミットがあり、菅さんは出席した。

そこで、各国首脳から、日本の財政再建について様々な圧力があったと推測する。

もちろん個人差はあるにしても、欧米人の「押し」の強さは日本人の比ではない。そのなかでも押しの強い首脳にかこまれ、消費税のアップなどを迫られたら、普通の日本人は抗しきれないだろう。

しかも、欧米人は単に強硬に迫るだけではなく、満面に笑みをたたえ、消費税アップこそ、日本の国民のためになると説得するだろう。

ここで問題になるのは、日本人に共通してみられる、白人苦手意識だ。その上、正式なディナーなどより、居酒屋などで気ままに注文し、酒を楽しむ方が好きという日本人は多いだろう。それが、そういう雰囲気のなかでオバマやメルケルと語り合うのだから、菅さんや野田さんではとても太刀打ちできないような気がする。

その結果、菅さん、野田さんと何らかの「約束」をしてしまったような気がする。それを、外務省や財務省はネタに「総理、総理の約束は絶対です。国民を説得してください」とかなんとか、言われ、その気になってしまったのではないか?

しかし、黄金名は言いたい。

欧米人は、自分の状況を客観的にとらえ、自らの信念を堂々とのべる「人物」を評価することを。

「皆さんのご説はもっともだが、民主党は増税はしないと約束して、国民から政権をいただいた。私はそれを大切にしたい。この任期中に増税に関する政策を確立し、それを持って選挙をし、国民に信をといたい」

とでも言えばよかったんだよな。

じゃ、

|

« 民主党 失敗の原因 | トップページ | 逃げるか!野平市長  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の失敗 Ⅱ:

« 民主党 失敗の原因 | トップページ | 逃げるか!野平市長  »