« 応援・渡邉紫帆選手 | トップページ | 全員協議会 »

「空き店舗活用等事業」

001「銚子市中心市街地空き店舗活用等事業計画策定業務」を、銚子市は株式会社アイ、シー、エフと業務委託契約を締結した。

金額は5,775,000円。

さて、写真は十字屋跡地の「てうし横丁」

これは、野平市長が市街地の活性化におおきな効果をみこんでいた計画で、ご覧のとおり建物はほぼ完成しているが、テナントが集まらず、構想は頓挫。

現在、建物にはバリケードが巡らされている。

ところが、今回、銚子市が業務委託契約を結んだ企業の代表者は、小倉義昭氏といって、この「てうし横丁」を発案、推進した方である。

つまり、銚子市は、テナント事業に失敗し、巨大な「空き店舗」を造り上げた人物に、「空き店舗活用事業」のコンサルティングを依頼したわけだ。

じゃ、

|

« 応援・渡邉紫帆選手 | トップページ | 全員協議会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「空き店舗活用等事業」:

« 応援・渡邉紫帆選手 | トップページ | 全員協議会 »