« 銚子市議会 全会一致で否決 8号議案 | トップページ | 10月4日 海鹿島青年館 »

2012.9.26 銚子市議会 採決 Ⅱ

反対13、賛成7。

モチロン否決だ。

Photo議案は銚子市立病院再生機構への補正予算案。金額は3億1千万円。

機構には4月に4億円が貸し付けられているので、合計7億1千万円だ。

では、なぜ否決されたのだろう。

たしか6名の議員が反対討論をした。

●東京事務所のデタラメな運営

●機構理事の法外な報酬(非常勤理事が2千万円)

●機構経営全般におよぶ不透明さ

●赤字補填は青天井の野平市長発言

論点はこの4つであると思う。

反対討論のなかでは、宮内和宏議員のそれが迫力あった。

そして、議会は再三再四、野平市長に要望書などを提出し、市民からも陳情、そして黄金名が提出した請願がだされ、全会一致で採択されている。

にもかかわらず、野平市長はその全てを無視している。

野平市長が、議会や市民に歩みよらないのだから、予算案が否決されるのはとうぜんではないか。

それを市長は「病院つぶし議員」などと決めつけるのだから、スジ違いもはなはだしい。

それにしても、今回の反対13、賛成7という結果は、黄金名には感慨深い。

なぜなら、昨年、6月議会で「給食センター新築工事」の議案が採決された。その時は、反対7、賛成13だったから。

じゃ、


|

« 銚子市議会 全会一致で否決 8号議案 | トップページ | 10月4日 海鹿島青年館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012.9.26 銚子市議会 採決 Ⅱ:

« 銚子市議会 全会一致で否決 8号議案 | トップページ | 10月4日 海鹿島青年館 »