« 海鹿島町青年館 | トップページ | 山中伸弥教授のインタビュー »

防災ラジオ

002防災ラジオが届いた。さっそく音を出してみると、なかなかクリアな音質だ。黄金名が30年以上つかっているラジオとは比較にならない。

愛宕町では町内会が300円の補助をだし、700円で購入できる。

黄金名の住む、マンションは、7世帯中、4世帯が希望した。

広く世間の声を聞いてみると、やはり、代金を払ってということに抵抗がある人もいるようだし、無料にすべしという声もある。

なるほど、神栖市や旭市では、黄金名が確認したわけではないが、無料のようである。それは、確かに理想の姿かも知れない。

しかし、愛宕町の組長として、市民と直接、触れあってみると、別に経済的な理由ではなく、愛宕町は津波には安全だし、不在の時はラジオは聞けないから、不必要だ。

という意見の住民もいたことは、事実だ。

そう言われてみると、その通りだろう。

となると、そういうご意見の方にまで、無料で防災ラジオを配布するのは、どうだろうか、という疑問もわいてくる

この問題は、万人が納得する結論を得ることは、難しいような気もする。

あと、ラジオそのものだが、これはダイアル式である。現在はデジタル表示が常識だと思う。行政が、どのように機種選択をしたか、気になるところだ。

じゃ、

|

« 海鹿島町青年館 | トップページ | 山中伸弥教授のインタビュー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防災ラジオ:

« 海鹿島町青年館 | トップページ | 山中伸弥教授のインタビュー »