« 不景気を実感 | トップページ | 市議会議員11名のチラシ »

白濱市立病院理事長 

Photo画像は、医療法人銚子市立病院再生機構 白濱龍興理事長。

「銚子市立病院から銚子市民の皆さまへのご報告」

再生機構の4名の理事が発行したチラシのタイトルである。

このチラシの内容は、銚子市議会が市立病院の赤字補填のための補正予算を否決したことに触れ、非難をしている。

それに対して、批判された市議会議員が白濱理事長にたいし、自分たちの真意をつげる文書を手渡そうとしたらしい。

ところが、白濱理事長は、受け取りを拒否したとのこと。

公共の機関である、市立病院の理事長が新聞に折り込みチラシを入れることは、公の行為である。

それに対して、選挙で選ばれた「公人」である、市議会議員が自らの見解を表現することは、当然の行動であろう。

その、公人同士のやりとりで、文書の受け取りを一方的に拒否したことは、銚子社会でどう評価されるのだろうか。

じゃ、

|

« 不景気を実感 | トップページ | 市議会議員11名のチラシ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

銚子市立病院の医者は不倫しまくってバレたらしい。議会のせいにしてるけど、そんな連中がいたら、かえってまともな医者は集まらないよ。税金もったいないからつぶしたほうが良いですね。

投稿: 呆れる | 2012年11月 8日 (木) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白濱市立病院理事長 :

« 不景気を実感 | トップページ | 市議会議員11名のチラシ »