« 市立病院問題の集会 | トップページ | 前宿町集会 »

民主党政権の良さ

Photo野田総理が16日の解散を宣言した。

民主党にとって、初の政権党としての選挙である。

民主党政権が誕生して、いろいろな批判も耳にしているが、ここでは、その良さを論じてみたい。

●世襲議員の減少。野田総理自身も一市民から、県議、国会議員、総理大臣になった。このことは、あらゆる国民が、志さえ持続すれば、誰でも国会議員、あるいは総理になる道が開けていることを示したと思う。この功績は、もっと評価されるべきではないか。

●世代交代の促進。前回の選挙で、多くの自民党長老議員が落選したことで、政界全体が若返った。ま、年齢の件は個人差もあるけど、エネルギーを感じられない「老人」の集団というイメージは、民主党政権の誕生で、払拭できたのではないか。

●透明性の促進。原発事故後の対応について、民主党は、かなり情報開示を真剣に行っている。菅前総理も率直に、自らの判断の是非について述べている。これが、自民党政権下であったら、隠蔽工作は、もっと陰湿だった可能性があると思う。

黄金名は、ぶれずに進みたいと考えています。

じゃ、

|

« 市立病院問題の集会 | トップページ | 前宿町集会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党政権の良さ:

« 市立病院問題の集会 | トップページ | 前宿町集会 »