« TIMEに見る日本の政権交代 | トップページ | 銚子半島一周駅伝 »

銚子の政治情勢

「市長選には出馬するんですか?」と、良く聞かれる。

「なにか、市議のなかから立候補する人があるようですね。もし、万一、どなたも最終的に手を上げないなら、無競争になることを避けるために、僕が手をあげるつもりです。ですから、今月いっぱいは情勢を見守りたい」

と、黄金名の発言。

去年の秋ごろまでは、立候補者がいないという雰囲気だったが、暮れあたりから、急速に市議から擁立の雰囲気が高まり、現在は、かなり結論が煮詰まっている情勢のようだ。

世の中が人物を評価する時、最も重視するのは「実績」だと思うし、それは正しい。

いかに能力があり、人間性が豊かであっても、実績がなければ信用しようがないではないか。

その視点からすると、黄金名はまだ選挙という「関門」を超えたことがない。

ここは、ひとつ、市議という「実績」をあげた方が、市長職に挑戦してもらいたいものだ。

しかし、そうなると市議の席に空きがでる。その場合、補欠選挙はあるのだろうか?

じゃ、

|

« TIMEに見る日本の政権交代 | トップページ | 銚子半島一周駅伝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銚子の政治情勢:

« TIMEに見る日本の政権交代 | トップページ | 銚子半島一周駅伝 »