« 年末年始の活動 | トップページ | 銚子の政治情勢 »

TIMEに見る日本の政権交代

001米週刊誌、TIMEの世界に関するページである。

かなり分かりづらいが、右下の赤で囲んである記事が、今回の衆議院選挙と安倍政権誕生の記事である。

英、独、仏などの元首が交代すると、表紙はその新元首となり、特集記事がくまれるのに比較すると、その扱いは天と地ほどの違いがある。

これは、あまりに頻繁な総理の交代に、世界のマスコミが呆れている表れではないか。

こうなると、国際会議などで、日本の総理の扱いが、どうなのか気になるところだ。

ちなみに左側の真ん中にある写真はオランド仏大統領。記事の内容は経済政策に関することだ。

たとえばメルケル独首相と、日本の首相の発言の信用、あるいは影響力は雲泥の差があるような気がする。

輸入がなければ、食料も燃料もない国、日本。

輸出がなければ、経済が成り立たない国、日本。

私たちは、もう少し、視野を広くとる必要があるような気がする。

じゃ、


|

« 年末年始の活動 | トップページ | 銚子の政治情勢 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TIMEに見る日本の政権交代:

« 年末年始の活動 | トップページ | 銚子の政治情勢 »