« ツナキンの倒産について | トップページ | 銚子沖洋上発電 »

大口債権者の件

債権者の心当たりが無いとみえ、今度は大口債権者を取り上げたようだ。

ツナキンは、倒産直前でさえ年商7億ぐらいはあった。その大口債権者となると、とてもじゃないけど、個人が弁済できる金額ではない。

したがって、この件は論じ合っても無駄だと思う。

だから、本件にかんするコメントに対応することは、今回限りとさせていただきます。

もっとも、黄金名自身が知らないような新事実がある時は、柔軟に応対します。

じゃ、

|

« ツナキンの倒産について | トップページ | 銚子沖洋上発電 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

銚子市の提言を忘れているな。
銚子市をどうしたら良いか、質問しているのである。
それではどうぞ。反論を。

投稿: 大木衛らない | 2013年3月 1日 (金) 15時13分

「もう、銚子市内に迷惑をかけた方は、黄金名が知る範囲ではいないはず。」
本当ですか? 本当に本当ですか?
命を掛けてでも言えますか?

投稿: 銀鎌倉 | 2013年3月 1日 (金) 20時25分

「とてもじゃないけど、個人が弁済できる金額ではない。」くらいの大口負債なら、それは負債じゃないって言いたいのかな?
ふざけた事言ってんじゃないよ。

投稿: | 2013年3月 1日 (金) 20時59分

1人や2人の殺人は犯罪になるけど、
大量虐殺なら犯罪じゃないという論法だな。

投稿: ゴケゴロシ | 2013年3月 2日 (土) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大口債権者の件:

« ツナキンの倒産について | トップページ | 銚子沖洋上発電 »