« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

全員協議会

001銚子市議会議員と行政幹部が、特定の議題について自由な議論をする「全員協議会」が、さくじつ開催された。

●市立病院

●新庁舎・消防庁舎

●てうし横丁

●千葉件による銚子市財政についてのヒアリング

などについて議論がおこなわれたが、今日は市立病院についてお知らせしたい。

加瀬庫蔵議員の質問で、病院において医師、職員の不当な解雇通知がおこなわれている噂があると指摘され、その真相について質問があった。

会議場には、その本人が出席されていて、噂が真実であることが述べられた。

市立病院は6億円以上の赤字を計上し、その圧縮がのぞまれる時期に、内部抗争していたのでは、結果をだすことは難しいのではないか。

民主主義は、できる限りオープンに議論ができることが前提の政治体制であるが、加瀬庫蔵議員の調査力、追及力には敬意を表したい。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子青年会議所 臨時総会

Jc2013_007画像は円陣をくみ「若いわれら」を歌う銚子青年会議所のメンバーとOB。黄金名は29歳で入会し、無事に卒業(40歳)できた。

振り返ると、民主党の公募に合格し、ここまで活動を継続できたことは、JCで学んだことのおかげだな。

こjして、体にしみ込んでいる歌を、みんなと歌っていると、過ぎ去った日々が思い起こされるよ。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出前民主党 in 銚子

020昨日(2013.8.26)、民主党の面々が来銚。銚子市幹部職員と意見交換をした。

この行事を「出前民主党」という。

要は、「市」の要望を国、県につたえましょうという目的。

●子ども医療費助成制度の創設について●重度心身障害者(児)医療給付改善事業における助成方法の変更について●海岸線漂着物の円滑な処理について●医師等確保対策の充実について●空き家に関する対応策について

以上が銚子市からの要望。これに関し意見交換をし、関係省庁にはたらきかけることで会議は終了した。さて、画像は、左手前より、小西参議院議員、谷田川前衆議院議員、長浜参議院議員、鎌倉、そして市幹部職員。

黄金名が感じたことは、長浜参議院議員の迫力と貫禄。ひごろは民主党内の接触がおおいので、さほど感じないが、行政との舞台にたつとオーラが違う。やはり、大臣経験者は別格と再認識。それと、谷田川前衆議院議員もオフィシャルな議論は見事な語りクチ。震災復興に手腕をふるったことが納得できる様子だった。

025さて、昼食は銚子観音ちかくの丼や「七兵衛」

「さすがは銚子!」

とそれぞれ、鯖寿司、サンマ寿司に舌鼓をうっていた。

じゃ、





| | コメント (1) | トラックバック (0)

愛宕町盆踊り

006愛宕町の盆踊り大会(2013,8,17)に銚子元気娘がやってきて、2曲ほどパフォーマンスした。

一曲は「怪盗少女」(ももいろクローバーZ)だったが、見事な出来栄え。

あとでいろいろ意見をきいてみたが、みなさん、好意的だった。特に小学生のみなさんが喜んでいたそうだ。

盆踊りというと、十年一日のようなことが多いが、こういう新しい試みはいいんじゃないの。

004
さて、黄金名は駐車場の案内を担当した。進入してくるクルマに駐車位置を支持する役目である。

嬉しいことに、運転手のみなさんが、とっても理解が早く協力的。

なるほど、日本人は、物事を整然と秩序正しくとりまとめることが、先天的に長けているな、と、ひとり合点。

じゃ、


| | コメント (0) | トラックバック (0)

取手市議会視察

0078月19日。取手市議会を視察した。

先方は議長、副議長が出席され、丁寧な説明をしてくれた。

●取手市議会では、各委員会での議論に市民も発言できるとのこと。しかも、それは請願、陳情などだけではなく、一般議案も同様であるとのこと。

015_2画像は、取手市議会議場の議員席。ごらんの通り、黒いボックスがあり、3つのスイッチがある。採決のとき、賛成であればスイッチを押すことにより意思表示ができるとのこと。

その上、議場での議論はすべて音声入力により、コンピューターに取り込まれ、速やかに議事録が完成するそうだ。

銚子市では議事録が議員の手元にとどくのは、次の議会の直前である。この辺は、予算をかけても改善する必要があると思う。

008さらに、取手市議会では、ネットによる議会の生中継が実施されているそうだ。

しかも、これに要した費用は、数万円らしい。なんでも、職員のなかにネットに精通している方がいて、その努力で低予算にして効果的な中継が可能になったそうだ。

議員の立場からすると、自分の発言や議論は、出来る限りおおくの市民に見てもらいたい。

したがって、このような改善はおおいに推進すべしと思った。

じゃ、










| | コメント (1) | トラックバック (0)

海鹿島盆踊り大会

2013_010昨日(2013.8.11) 海鹿島町の盆踊り大会に顔をだしてみた。

ここは、土、日の二日間の開催だが、主催者の皆さんは、ご苦労なことと思う。

なにしろ、行事がすべて終了してから、翌日、つまり今日、後片付けをするのだから。

さて、海鹿島盆踊りは会場の提灯がみごとだ。良く見ると、町内ではない会社の提灯がある。これは、素晴らしいことだと思う。

上野町も同様だが、こういう集まりでは、みなさんの表情が柔らかく和やかな感じがする。そこから思うことは、大多数の市民は、そんな大それた欲望などはなく、ささやかな幸福を願っていることだ。

そして、その願いがかなう環境をつくることが政治にたずさわる人間の使命だと再認識。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野町盆踊り

015昨日(2013.8.10) 上野町の盆踊り大会に顔をだしてみた。

昨年は、屋台が道路をへだてた空き地に設置されていたが、今年は公園前の道路をりようしている。

つまり、踊り会場と屋台が一体化され、昨年のように分断されていないわけだ。

その成果か、今年の人ではすごかった。

018焼きそば、たこ焼きなどは、すでに完売状態。そこで、カレーライスをいただいたが、肉と野菜がたっぷりで十分に楽しめた。

ちなみに、お値段は「100円」

右の画像は黒Tシャツのお母さんがお嬢さんたちとカレーを手にしている。そして、その前にいる二人の女性も友人らしく、ペチャペチャおしゃべりをしている。

こういう何気ない、楽しみをあたえる地域のイベントは、市政の課題として、黄金名も取り組みたい。

017さて、踊り会場である。

まだ、早いせいか、それほど踊っている人はいなかったが、注目したのはイス席。それも、画像の右下端のほうに車椅子の方々がいる。

多分、町内役員のみなさまの発案でご招待されていると推察するが、なんと胸が温まることか。

「優しさ」 銚子市政に欠けている一面のような気がする。

じゃ、







| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子マリーナで納涼会

027画像は銚子マリーナで行われた「バーベキュー大会」(主催:マリン・スポーツ協議会 岩井文男会長)である。

8月4日におこなわれたが、太平洋からの風が涼しく、ほんとに居心地がいい。

この隣ではビルフィッシング・トーナメントが行われ、画像のような「カジキマグロ」が釣り上げられている。

この大物で、約120㎏だそうだ。また、芝生では、並べられた大物の脇に、子ども達が寝転んでふざけている。

009
こういう体験は、きっと、郷土愛、いや地球愛をそだてると思う。

それにしても、こんな大物が銚子半島の周辺には
このような大物が回遊しているわけだ。

あらためて、銚子の自然の豊かさを認識した。

こういう良さを、

020もっと発信し、広めていけば、銚子はもっと良くなると思うな。

じゃ、





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »