« 本日のJapanTimes | トップページ | ハッサン水谷写真展 »

第3回行財政改革審議会

3_002標題の会議を傍聴した。

伊永会長、これまでの議論からは銚子市が赤い字を回避したいという決意が見えない。土地を売却したいなら、部課長がセールスに歩かなければならないし、赤字の危険性が高い場合、民間なら年末の賞与をカットすることが当たり前である。

越川市長、土地の売却については、私も取り組みトップセールスをするつもり。

加瀬副会長、市立病院への補助金がなければ銚子市は黒字です。したがって、病院への支援のあり方にかんする議論が必要ではないか。

西田委員、これだけの仕分けをするからには、市長が市民への十分な説明をすることが欠かせない。この点に十分な配慮をお願いしたい。

吉田委員、事業の見直しだけではなく、施設運営の体制についても議論が必要ではないか。たとえば、施設運営を直営方式から、指定管理者制度にかえるのも方法の一つだと思う。幅広い議論をお願いしたい。

黄金名、第2回より、みなさん慣れてきたせいか、議論が活発だった。

じゃ、

|

« 本日のJapanTimes | トップページ | ハッサン水谷写真展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3回行財政改革審議会:

« 本日のJapanTimes | トップページ | ハッサン水谷写真展 »