« 東京九段下に「銚子つりきんめ」 Ⅲ | トップページ | 子ども議会 »

インデペンデンス・デイ

001アメリカ映画「インデペンデンス・デイ」(1996)をDVDで楽しんだ。実は、この作品、黄金名のコレクションでもヘビー・ローテーションである。

内容は、他愛もない宇宙侵略物だが、出演者の演技が、それぞれ素晴らしい。

中でも、アメリカ大統領役のビル・プルマンが見事だ。

夫人が息を引き取った後、愛娘をだきしめる場面は真にせまる。

やはり、演技過剰は映画の最大の敵であることが良く分かる。

じゃ、

|

« 東京九段下に「銚子つりきんめ」 Ⅲ | トップページ | 子ども議会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インデペンデンス・デイ:

« 東京九段下に「銚子つりきんめ」 Ⅲ | トップページ | 子ども議会 »