« 明日の観光を考える講演会 Ⅱ | トップページ | 広域ごみ処理施設 »

銚子キッズ映画演劇塾第2期生卒業発表会

002可能性。

黄金名にも可能性はあるが、この点では子ども達にとても太刀打ちできない。

なにしろ、努力すればスポーツ、芸術、政治、実業などあらゆる分野で道を究められる可能性が、子ども達にはあるのだから。

そして、そのチャンスを彼らに提供するのが、両親、社会、そして行政の使命ではないだろうか。

008昨日(2014.3.27)、銚子キッズ映画演劇塾第2期生卒業発表会に足を運んだが、こういう企画こそ、行政が積極的に取り組むべき分野だろう。

総勢13名の小学生が演技、歌、踊りに挑戦する姿は微笑ましい、、、以上のものがある。・

物語は、江戸時代に殺された女性の幽霊が現われ、子ども達に現代の人間に欠けている面を伝えるというものだ。

004そして、子ども達と共演する俳優たちの演技と歌も素晴らしい。

特に幽霊役の女性は、演技、歌の両方をこなした。特に子ども達と掛け合いで唄うシーンは圧巻。

さて、この企画、予算はどうなっているのだろう?

ある程度の指導料や出演料は、キチンとするべきと思うが、どうだろうか。

じゃ、

 

|

« 明日の観光を考える講演会 Ⅱ | トップページ | 広域ごみ処理施設 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銚子キッズ映画演劇塾第2期生卒業発表会:

« 明日の観光を考える講演会 Ⅱ | トップページ | 広域ごみ処理施設 »