« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

ひまわりの活動

005視覚障害の方とお台場に遠征し、共に「マダム・タッソー館」を楽しんだ。

これは、朗読奉仕グループ「ひまわり」の活動。

画像の方は、5人兄弟の末っ子だが、他の兄弟は健常者にもかかわらず、生まれた時から片目が見えず、もう片方も高校生の時に光を失ったとのこと。

こういう話を聞くと、自分がいかに恵まれているか実感する。

※画像などの公開について本人の了解は得てあります。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デザインが命

004宮崎市の「みやざきアート・センター」を視察した。

同センターは、宮崎市の中心市街地にあり、展覧会や音楽会などをおこなっている。

これまでの動員ベスト3は①仮面ライダー アート展(31千人)②やなせたかしの世界展(27千人)③清川あさみ 美女採集展(23千人)

説明を聞いて分かったのだが、ある程度の展示施設があると、様々業者から売り込みがあるそうなのだ。

007だけど、残念だけど、宮崎市と銚子市では町の規模が違いすぎて、全てを参考にすることは難しい。

しかし、応用できることはある。

それは「デザイン」だ。

下段の画像はキッズ・ルーム。

ご覧のとおり、机がてんとう虫や虎の模様にデザインされている。

こうしたことは見習いたい。

じゃ、




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴミ処理施設 勉強会

2014529_002本日、ゴミ処理施設についての議員勉強会が開催された。

結論は、焼却方式を「シャフト方式」を選択したとのことである。

この方式のメリット

①灰が少ない②ゴミの分別が不要

反対のデメリット

①燃料代がかさむ②CO2の発生量が多い。

である。

黄金名は、現時点ではシャフト方式に反対である。

理由は、「燃料費がかさむ」方式だから、、、

これから、化石燃料費が高騰することはあっても、下がることはない。

その未来が見える以上、シャフト方式に賛成するわけにはいかない。

ただ、採決の瞬間までオープンな姿勢で、情報収集に努力していきたい。

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憲法勉強会

0065月20日に「憲法講演会」が開催された。

講師は弁護士の伊藤真先生。

①憲法は、権力者が権力を乱用しないよう、権力者に制限をかけるためにある。

②戦争放棄は、かけがえのない価値。

③平和であることは素晴らしい。集団的自衛権は、同盟国の都合で敵を「創りだす」 断じて認めてはならない。

以上、ほとんど黄金名と同意見。

でも、豊富な資料とスピーディな語り口は、見事なものだった。

特に、権力者が国民を騙す場合、恐怖心をあおり、真実を語るものを非国民と呼ぶ手口は、どんな時代でも、どのような国でも通用する手口であるそうだ。

なるほど。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなと祭り 2014

今年のみなとまつりに変化があった。

銚子商工会議所より、みなとまつりの運営から手を引きたい旨の申し入れがあり、その理由は、事故が起きた場合の責任を取れないから、、というもの。

それに対して、銚子市は事故の責任は全て銚子市が負うので、これまで通り協力していきたいと明言したそうだ。

ところが、それでも会議所は納得せず、何度かの打ち合わせをへて結論がでた。

花火→継続

神輿→継続

踊り→取りやめ

以上であるが、お盆の祭りは、やはり浴衣が定番。市内の呉服店でも、甚平などある程度の数量はでるそう。

それに、踊り手が美容院にいったり、イベントを行うことにより、一定の経済効果はあるのではないか。

それを、商工業者の団体である「商工会議所」が、当初は手を引くことを主張したそうだから、理解に苦しむ。

じゃ、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

連合千葉 議員団研修会

001昨日(2014.5.15)、連合千葉 議員団研修があり、参加した。

今回は地方の医療をテーマに、3人の講師が登場したが、ここでは苛原先生の内容をお伝えしたい。

先生によると、これからの課題は「看取り」だそうだ。

なんでも、病状が最終末期にいたると、医者ができることは何もなく、医者より看護師の役目のほうが重いそうだ。

なるほど、それは分かるような気がする。

005しかし、条件が整っている方はいいだろうが、黄金名のように母が遠隔地に住み、黄金名自身も単身の場合はどうすればいいのだろう。

先生によると、そこで「地域包括ケアシステム」が大事になるそうだ。

つまり、定期的な介護体制の構築や市役所などの取り組みが問われるわけだ。

ウーン、そうかもしれない、、、、と、思いつつも、自分は自宅より病院で旅立ちたいな、、、とため息がでた黄金名でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三浦市でのランチ

002三浦市のフィッシャリーナ・ウォーフを訪問し、FW の前にある海音でランチをとった。

画像は海鮮丼(1,600円)

これは、美味しかったようだ。注文主はニコニコしながら食べていた。

003つづいて、黄金名の注文は三崎丼。

マグロの刺身と玉子焼き。そして「しらす」がタップリとかけてある。

いざ、食べてみるとマグロとしらすの相性はとてもいい。予想以上の美味しさに、黄金名もついニコニコだ。

ただ、銚子で食べてきたマグロにくらべて圧倒的に美味しいというわけではない。

これなら、銚子もいい勝負ができるな。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水産先進都市視察研修

011画像は、神奈川県三浦市の「フィッシャリーナ・ウォーフ」(FW)

先進水産都市視察研修に参加し訪問した。

説明によると、FWの年商は10億円とのこと。銚子のウォッセは5億らしいが、地理的条件などを考えるとウォッセは健闘しているのではないか。

また、FWの商品などは銚子にくらべて格段にいいわけではなく、銚子も努力していることがわかる。

現在、銚子は観光にかんし、ほとんど無策に近い状態であるので、ちょっと努力をすれば、まだまだ伸びる余地はあると思う。

「ほとんどのお客様はリピーターです」 FWの出店者の言葉である。

なるほど、ここが大事なんだ。。。。納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

士気を低下させるもの

Photo画像は第2次大戦のドイツ空軍戦闘機フォッケウルフである。現在、「ノルマンディ上陸作戦1944」を読んでいるが、教えられる場面があったので紹介したい。

ノルマンディ上陸作戦の数日あと、ドイツ守備隊のある上等兵がこんな手記を書いている。

「我々には対空砲と友軍機が必要だったが、それはどこにも存在しなかった。こうしたことは、恐ろしく士気を低下させる。なにしろ、我々はこう聞かされていたから。。。数日中には、現在待機中のドイツ空軍が大規模反攻に打って出る、、、と」

なるほど、やはり「嘘」はよくないわけだ。

嘘でつなぎとめても、それは続かないよね。

大切なことは真実を「直視」することのようだ。

じゃ、

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子市消防庁舎整備基本計画

002本日(2014.5.7) 市議を対象に「銚子市消防庁舎整備基本計画」についての説明会があった。

場所は、銚子中学の第2グランド。

規模は2階建て、3階建てを検討中とのこと。

予算は、目安として9億3千万円。

着工は平成27年7月、業務開始が平成28年10月とのこと(議案が議会で可決されたとして)

そうすると議案が議会で採決されるのは、来年の6月議会ということになる。

議員に当選してから、「初」の大型事業だ。ウン。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォッセ 5月4日

021ご覧の賑わいは銚子ウォッセである。

この日はウォッセで大道芸人がパフォーマンスを披露した。

すると、こんなにも大勢の観客があつまり、それぞれ楽しんでいるようだった。

この辺の集客手法は銚子の観光施設の弱点だっただけに、ウォッセの努力に拍手をおくりたい。

023そして、肝心のおみやげ売り場も、大賑わい。

黄金名の銚子観光にかんする持論は、「今ある名所に磨きをかける」である。

すると、ウォッセの方向は黄金名のそれと、ピッタリ当てはまることになる。

嬉しいね。

じゃ、

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子マリーナ 5月4日

003銚子マリーナで岩井文男銚子市議主催の「餅つき大会」があった。

ご覧のとおりマリーナには鯉のぼりが泳ぎ、手前には、かつて駅前にあった「人魚姫」が鎮座し、海には真っ白のヨットが浮かぶ。そして、その向こうには屏風が浦がそびえている。

風に身をまかせながら、つき立ての餅をいただくと、浮世のウサは見事に消えていくから不思議だ。

004さて、餅つきの様子だが、つき立て餅の旨さはたとえようもない。

極限の柔らかさで、ヨモギの香りがたまらない。

この旨さには、体重も気にせず食べるしか選択の道はないよ。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加賀谷健さん告別式

Nicky_001昨日(2014.4.30)、故加賀谷健前参議院議員の告別式に参列させていただいた。

「心のこもった」という言葉は加賀谷さんの葬儀にこそふさわしい、、、

長浜参議院議員(葬儀委員長)、野田前総理、輿石参議院副議長、熊谷千葉市長、田嶋民主党千葉県連会長、そして天野千葉県議が弔辞をささげ、個人的な触れ合いと、加賀谷さんの功績を紹介した。

ところが、全員が涙声になり、途中で言葉がでなくなる。かくいう私が感じた淋しさも普通ではなかった。

加賀谷さんと一緒に活動できたことは、私にとって一生の「宝」だな。

じゃ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »