« 市民ミュージカル | トップページ | 鹿児島グリーンファーム »

終末医療

014医療セミナーに出席した。

演題は「地域連携から地域連携プラットフォームへ」

講師は小串輝男先生(三方よし研究会 滋賀県医師会代議員会代表)

今回のテーマは最終末医療のようである。要するに、どう「死」を迎えるかということ。

その段階になると、医師ができることは何もなく、日常的な介護をして「臨終」を待つことになる。

007その時期の患者が入院していると、本当に手当てが必要な脳梗塞の緊急患者などに空きがないことになる、とのこと。

なるほど。そうだろうな。

しかし、黄金名のような独居人はどう「死」を迎えればいいのだろう。

じゃ、




|

« 市民ミュージカル | トップページ | 鹿児島グリーンファーム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終末医療:

« 市民ミュージカル | トップページ | 鹿児島グリーンファーム »