« 2議席減 銚子市議会 | トップページ | 銚子市立病院 東京事務所 »

観音クロスロード・ジャムセッション

018画像は、銚子ロック界の大御所、「ウルトラ92」(クニ)。

彼は、半年前に体調をくずし、長らくリハビリをしていた。

それが、6月28日にライブをできるまでになったから、大勢の友人がかけつけ、彼の復活を祝福し、かつボーカルを楽しんだ。

こういう温かい雰囲気はいいものだ。

しかし、これは単なる友情ライブではなく、演奏水準の高さはびっくりするほど。

0172枚目の画像のギターリストは、銚子一との呼び声もかかる腕の持ち主。

彼は、テクニックがあるにもかかわらず、それを抑えてバッキングに徹し、時折みせる技巧は見事なもの。

しかも、ストラトを駆使し、美しく繊細な音色は、思わずウットリさせられる。

こんな優秀なミュージッシャンがいる町、銚子。

なにか一工夫できそうだ。

じゃ、




|

« 2議席減 銚子市議会 | トップページ | 銚子市立病院 東京事務所 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観音クロスロード・ジャムセッション:

« 2議席減 銚子市議会 | トップページ | 銚子市立病院 東京事務所 »