« 中学再編説明会 at 豊里小 | トップページ | 長妻昭民主党代表代行 »

絶対阻止。中学再編。

010「・・・・・・万一巨大津波がきた場合は、生徒を安全な場所に誘導します。もし、銚子直下型地震などで瞬時に津波がきた場合は、生徒を屋上に避難させます。建物も高層階とします」

以上は、銚子中学校再編集会(2015.5.26)での青柳教育部長の発言である。

しかし、この全ては明らかな間違いと断言する。

005なぜなら、海抜20mの敷地の選択肢があるのに、なぜ、海抜1.7mの敷地を選ぶのか?

生徒の安全が最優先なのだから、避難の必要がない、あるいは少ない場所を候補地とすることが当たり前だろう。

画像は上段が候補地、銚子中。

そして、上から1,2,3中である。

006
おわかりのように銚子中の海抜看板にだけ「津波注意」の表示がある。

これ、銚子市がつけたものでしょ?

自らが「注意地域」としている地域になぜ新中学校を建てるの?

この件、黄金名の全知全能、全身全霊を駆使しして、6月議会で議論する。

002_2
じゃ、







|

« 中学再編説明会 at 豊里小 | トップページ | 長妻昭民主党代表代行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お邪魔致します
私も文化会館での説明会会場に居ましたが
同じ意見です
あの交通量&危険地域、そして災害が発生したら、逃げ込む一般市民のことを考えると生徒の安全なんて守れません
他の候補地である3中では通学路の安全性が、守れないと答えてましたが、通学時間帯だけ関係者以外通行止めにするなど可能です

個人的には海の見える中学校なんて言うのも魅力的です

投稿: アミミ | 2015年5月28日 (木) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶対阻止。中学再編。:

« 中学再編説明会 at 豊里小 | トップページ | 長妻昭民主党代表代行 »